ブログで文章を読みやすく書く方法!書くうえでの悩みのポイントを解説!

ブログで文章を読みやすく書く方法!書くうえでの悩みのポイントを解説!

あなたは文章を書く時、こう思うことはないですか?

 

 

 

タツノオトシゴ
頭にはうかんでるけど、いざ文章にしようとおもうと書けない・・

 

 

タツノオトシゴ
文章はか書いたはいいけど、なんか違和感を感じる・・・

 

 

 

こう思う人は多いですし、私も以前はそう思ってました。

「書いたはいいけど、なんか違うな・・」そう思うことは何回もありましたね

 

 

 

でも、やはりその違和感があるまま文章を書き続けると良くないです。

自分が違和感をもっているなら、相手はもっと文章に対して違和感をもっているはずです

 

 

 

あなたはも違和感を抱えながら文章を書き続けるなら、永遠に違和感のある文章を書き続けるはめになりますよ

 

 

この記事ではその違和感の正体について解説して、違和感をとる方法を紹介します

 

 

 

この方法、考え方を取り入れることで、文章とは何かを理解し、相手に伝わる文章をかく基礎が学習できます。

 

 

この記事と読んだあとでは、文章に対する考え方も変わることになるでしょう

 

文章とは何かを理解したい!て方に参考になれば幸いです

 

 

相手に伝わる文章を書いているか

 

 

 

 

 

文章をかいて相手に何かを伝えたい・心を動かして行動させたい

そう思う方は多いですよね

 

 

 

タツノオトシゴ
あなたもそのうちの1人なんじゃないですか?

 

 

 

文章をかく事は簡単で

「あれ??意外と文章かけるじゃん!!」

と思ってる方も多いようです

 

 

 

でも、文章をかいてる、ブログを書き続けているうちにふっと思うことがありませんか・

 

 

 

「文章は書けるには書ける・・・

でも、その内容が相手にうまく伝わっているかとうか?それが分からない

 

 

はたまた、自分の書く文章の書き方が間違っているんじゃないか?

もっと正しい方法・書き方があるんじゃないか・

 

 

 

タツノオトシゴ
そう不安に思うことはありません?

 

 

自分も「正しい文・伝わる文」が書けているのか悩んだことは何回もあります

 

 

もしかしてあなたは「正しい文章」を書けてないかもしれません

「伝わる文章」を書けてないかもしれないです

 

タツノオトシゴ
そのまま伝わらない文章を書き続けることは怖くないですか??

 

 

 

そうならないために、この記事ではその悩みを解決する方法を紹介します

 

 

 

この記事は「20才の自分に受けさせたい文章講義」という本を参考にしています

 

この記事を読んでも「なるほど!」とおもったり

気になった方はこの本を読んでみてください!

 

 

 

 

 

文章がかけない人が悩む2つのポイント

 

 

 

 

文章がうまく書けない人・手が進まない人が悩むポイントが2つあります

 

それは

 

 

 

・頭の中でモヤモヤしていてうまく伝えることができない

・文章を書こうと思っても、伝えたい事がうまく伝わらない

 

 

 

この2点です

 

 

 

頭の中でモヤモヤしていてうまく伝えることができない

これは、頭の中で考えはあるんだけど、いざ文章にしようと思ったとき

うまく表現することができない人が多いですね

 

 

 

 

このケースは文章を書く習慣がない人・頭の中で考えていることを書いたりする経験が少ない人に多いです

 

 

この場合は、単純に「文章を書く量が少ないこと」が言えるでしょう

日記を書く習慣がある人は「頭にあるのにモヤモヤして表現できない」とういうことは少ないようです

 

 

 

 

文章を書いても、伝えたい事がうまく伝わらない

 

 

この問題で悩んでる人は、自分が伝えたいことに対してそのままの気持ちを文章にしてしまっているパターンです。

 

 

私も何度もこの問題にぶつかりました

 

 

 

自分の考え方、意見、感覚などをそのまま表現してしまっています。

自分の気持ちや伝えたい事と、表現したことに対して違和感を感じてしうのがこの問題ですね

 

 

 

「なんか違う・・」「文章を書いたはいいけど違和感を感じる・・・」

そんな自分の文章に納得できないことはありませんか?

 

 

 

この問題の原因は「自分が思ったことをそのまま」書いてしまっているのがポイントです

 

 

 

文章は「自分の表現したいこと」と正しく伝えたいならば「自分の気持ちをそのまま」を文章にしてはいけないのです

 

 

あなたはこの2つの問題におちいってませんか?

このポイントが分からないまま文章を書き続けていても、文章力は上達しないでしょう

 

 

 

タツノオトシゴ
相手に伝わらない文章を書き続けることって怖くないですか?

 

 

伝わらない文章はただの自己満足であった、伝わってこそ

文章に意味があるのです

 

その点に関しては私もまだまだ修行中です!

 

 

 

では、文章とは何なのか?どういう意識や考え方をもって文章を書けばいいのか?

 

 

その答えを以下にまとめました

 

 

 

文章とは何なのか?

 

 

 

 

 

 

これは文章というものをどう捉えているのか?

ということです

 

 

 

案外、みな「文章」の捉え方を軽視してる気がします

「文章とは?」と考えることは文章を書く上で重要なことで、うまく書ける考え方のようなもです

 

 

 

文章とは?に対しての1つの答えはこれです

 

 

 

 

文章とは「翻訳」である

 

 

 

 

要は文章とは自分の書く記事をいかにして分かりやすく伝えるのか

がポイントになってくるということです

 

 

自分が考えてることを相手に分かりやすく伝えること

 

それはとても難しいことです。自分が当たり前だと思ってることは相手にとっては当たり前ではないのです

 

 

 

何気なく使った漢字を。相手は読めなかったりするときもある

自分の使った言葉が相手に伝わらないときもある

 

 

 

要は最強の文章をは「誰でも簡単にわかる文章」なのです

 

 

文章とは?

 

 

 

誰にでも、素人にでも分かる文章を書くことです

 

 

 

私もまだまだ修行中ですがね(笑)

 

 

書くことは考えること。文章をなぜ書くのか?

 

 

 

タツノオトシゴ
あなたは文章を書いたときその内容を覚えていますか??

 

「うーん」と考えるを思いますが

 

案外「覚えている」とおもう方が多いんじゃないんでしょうか

 

 

 

私もブログでまとめたことはよく覚えています

そして、人前で話すときも書いたことなら簡単に深い知識まで話すことができてしまいます

 

 

ブログを書く、ノートにまとめるなど

文章を書いたことはよく覚えているのです。しかも、理解は深いし整理されている

 

 

 

一方、本を見ただけ、教科書を読んだだけでは「あまり覚えていないし、理解も浅いこと」というケースが多いです

 

 

 

あなたも

高校のとき、「教科書はよく読んでいたけど、全然覚えられないし、理解もできない」そんなことが自分に、もしくは他人にありませんでしたか?

 

 

 

 

つまり、どういうことか?

 

 

それは、文章をかくことで書いた内容の自分の深い理解をえることができるのです

むしろ、人は深い理解を得ようとするなら、文章を書くしかないのです

 

 

文章を書かずして、深く理解ができる人は逆にいうなら天才と言えるでしょう!

 

要はアウトプットしよう!ということです

アウトプットすることで整理され理解が深まるのです!

アウトプットに関する記事はこちらです↓

 

 

 

 

みなさんも経験がありませんか?ノートを書いている途中で、「あれ?これってなんでだろう??なぜだろう??」と疑問に思うことは

 

 

 

それは知識が整理されて理解が深まったことにより、さらなる深い疑問がうかんだのです

 

 

ブログを書いている途中もよく「なんで?どうして?なんのために?」と疑問がうかぶことが多々あります

 

それは学んだことが整理され、理解が深まった証拠なのです

 

 

 

文章をかくこと

 

 

 

それは自分が学んだ知識を整理するために、自分の深い理解を得るために必要なことなのです

 

 

本を読む、漫画を読む、雑誌を読む

そのまま放置していてはもったいないです

 

 

知識を自分に蓄積させるため、自分の深り理解を得るためにも

 

おすすめはブログをかく事です!ブログを書いて知識を深めましょう!!

ブログに関する記事はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

文章とは何か?

 

その答えがこの記事で分かりましたよね

 

文章とは「翻訳」です

 

いかに分かりやすく、簡単に伝えたい事を伝えることができるか

それが文章は?の答えです

 

文章の捉え方が変わると書き方や文法、表現などすべてが変わるはずです

文章とは「翻訳」この考え方を基礎として文章を書きましょう!

未分類カテゴリの最新記事