コーヒーでダイエットするいつ飲めばいいのか?タイミングを解説

コーヒーでダイエットするいつ飲めばいいのか?タイミングを解説


おにい
コーヒーでダイエットしたいけど、いつ飲めばいいのか分からない…。いつ飲んだら確実にやせるのかタイミングっていつなんや?

この記事では

・ダイエット効果のあるコーヒーを飲むタイミングがわかる

・コーヒーダイエットの効果がわかる 

タツノオトシゴ
 自分はコーヒーダイエットをはじめて2週間。20代前半の社会人です!


コーヒーダイエットをはじめたのは「なんか楽してダイエットできそう…」だからです!


コーヒーを飲み過ぎると寝れなくなるので、飲み過ぎないように注意していますww


コーヒーダイエットでは、いつ飲むのかもダイエットには大事ですよ
それはコーヒーの成分である「カフェイン」と関係しています


 この記事は「コーヒーでやせたいけど、どのタイミングで飲めばいいのか分からない…」と疑問に思う方に参考になれば幸いです

コーヒーでダイエットするいつ飲めばいいのか?タイミングを解説


コーヒーを飲むタイミング

おにい
コーヒーを飲むべきタイミングっていつなんや?

 
ダイエットして痩せたい場合、コーヒーは

・運動や筋トレ前

・ご飯の前

・朝 

ダイエット効果が期待できるタイミングは以上の3つです

コーヒーを飲むタイミング:運動前や筋トレ前



運動前や筋トレ前にコーヒーを飲むと、コーヒーの「脂肪燃焼の効果」をより発揮します

 コーヒーのカフェインには脂肪を分解する効果があります

そして、分解された脂肪は血液中に流れます
そこで、運動をすることで血液中に脂肪がエネルギーとして使われることで脂肪を燃焼できるのです

  

運動をしない場合は分解された脂肪酸の60~80%が元の体脂肪に戻ってしまうそうな

また、カフェインの効果が効きはじめるのがコーヒーを飲んでから30~45分かかるので注意が必要ですね

 他にも、カフェインには運動の持久力を14%もアップさせる効果が論文で紹介されています

なにせ、よく持久力が必要なアスリートはカフェインを運動前に飲むそうです

詳しくは論文などを根拠にカフェインの効果が書かれている記事を参考にしてください

参考:カフェインでダイエット効果がある理由3つ

コーヒーを飲むタイミング:ご飯の前


コーヒーには「食欲を抑える効果」もあります

 実験でコーヒーを飲んで人は飲んでない人に比べて摂取した総カロリーが減ったそうです

これはカフェインによって交感神経が活性化したことが理由です 

唐辛子にも交感神経を活性化させる作用があるので、コーヒーの代わりに唐辛子が代用できますね

 
また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には脂肪の代謝を促す効果もあります。高脂肪の食品を食べるまえにはコーヒーを飲むと脂肪をより燃やしてくれます

コーヒーを飲むタイミング:朝


朝にコーヒーを飲むこともダイエット効果を期待できます

ただし、条件があって

 ・朝食は食べない

・ブラックコーヒーを飲む  

 
朝食を抜く理由は、朝は胃や肝臓にエネルギーが残っていないからですね
なぜなら、人は胃や肝臓にエネルギーがないと、脂肪を優先して消費するからです

 朝食抜きは脂肪を消費するために必要なことなんです

 
また、ブラックコーヒーを飲む理由は、砂糖やミルクを入れるとインシュリンが分泌されて脂肪の燃焼が止まってしまうからです
なので朝は、ブラックコーヒーを朝食抜きで飲みましょう

参考:コーヒーを朝に飲むことにダイエット効果はあるのか?理由を解説

コーヒーをそれだけ飲むとよいのか?


おにい
で、どれくらいの量のコーヒーを飲めばいいんや?

 
で、具体的な1日のコーヒー量で言いますと、

 ·1日に4〜5杯:ガン・心疾患・糖尿病などの死亡率が26%下がる

·1日に2〜3杯:ガン・心疾患・糖尿病などの死亡率が17%下がる

·だいたい1日6杯まではコーヒーの健康効果はアップする  

この結果はハーバード大学が30年間かけて研究したものです


30年間にわたって集めてきた13万人分の健康データを使った統計分析です
ガンや心疾患などのあらゆる死因とコーヒーとの関係を調べたものですね


 この実験におけるコーヒー1杯、240mgとしています

ちなみに、コーヒー240mgには100mgのカフェインが含まれているので、6杯は飲み過ぎですね

 

カフェインには、体質がある


コーヒーを飲むにあたって、注意点があります

それは、カフェインを代謝できる体質でない人が存在するといういことです
これは遺伝子的な問題であり、コーヒーを飲むと害がでるという人が存在しますね

2杯のコーヒーを飲んだあと、外向的な人間は、割り当てられた課題をこなすスピードが上がったが、内向的な人は効率が落ちてしまった。この傾向は、課題の量が増えたり、締め切りのプレッシャーが大きくなるほど増大した。

引用:パレオな男

要約すると、内向的な人はコーヒーを摂取すると、課題をこなす能率が落ちるということですね

理由は脳が興奮しすぎるからと言われています

なので、自分がコーヒーに合わないな…と感じるなら、コーヒーを代謝できてない可能性があります

 
また、お子さんや妊婦さんはコーヒーを飲まないようにしましょう

・子供の白血病

・コレステロール値の上昇

上記のような悪影響があるので、注意してください

まとめ

コーヒーを飲むタイミングは

・運動や筋トレの30~45分前

・食事の30~45分前

・朝  

 

また、コーヒーは飲むほど健康によい。けど、1日6杯まで

 
コーヒーにはダイエット効果があり、その他の抗酸化作用や抗がん作用糖尿病の予防にも良いそうです
 コーヒーは健康にいい飲み物と言えるでしょう

ですが、コーヒーを代謝できない遺伝子をもってる方もいるので注意が必要ですね

また

 コーヒー飲み過ぎて眠れない…と不眠症になること

コーヒーを取り過ぎで慢性疲労になった  

というリスクもあるので量を守って飲みましょう

タツノオトシゴ
自分はコーヒーを夜に飲むと「ああ~寝たいのに寝れない…」という寝れなくなくこともありました

なので、コーヒーを夜飲まないようにしていますww

ダイエットカテゴリの最新記事